家賃について|留守宅管理の二つの方法|家賃について知る

留守宅管理の二つの方法|家賃について知る

積み木

家賃について

戸建て

賃貸の平均的な家賃とは

賃貸住宅を借りるのに気になることはいくつかあります。隣人がどんな人か、治安はどうか、欠陥はないか、などいろいろと心配をし始めたらきりがないところですが、その中の一つにその家賃はどれくらいかということも気になるものです。できれば家賃は安いほうがいいに決まっています。単純に考えて家賃が1万円安ければ年間で12万円もお金が自由になるのですから。 ですが、家賃が安くて条件もいいなんていう都合の良い賃貸物件はほんとうにあるのでしょうか。 家賃には相場があります。家賃の相場はなんとなく決められて位訳ではなく、間取りの広さ、日当たり、木造か鉄筋か、駅やバス停から近いか、築年数、などの条件を総合的に判断して決められています。

家賃の傾向はどうなっているのか

家賃が安いということはそれなりに理由があるのです。そのように考えると安くて都合の良い条件というのはないと考えられますが、その人のこだわりによっては都合の良い条件も出てきます。例えば、移動はすべて車というのであれば駅から徒歩0分の賃貸でも35分の賃貸でもどちらでもいいわけですから、35分の賃貸を選ぶべきでしょう。 相場としては徒歩で10分違うと1万5千円ほどの違いが出てくるようです。35分も違いがあるということは、4万円ぐらいは違いがあるということなのです。 ただ、家賃はなかなか相場が下がらないことを知っておきましょう。条件がいいけど、しばらく待つと家賃が下がるのではと思われるかもしれませんが、古くなるという意味で3,4年後には千円ぐらいは下がることはあっても、地価が下がったからと言って家賃はそう簡単には下がりませんし、今後もその傾向が続いていくでしょう。