キレイな住まい|留守宅管理の二つの方法|家賃について知る

留守宅管理の二つの方法|家賃について知る

積み木

キレイな住まい

住宅

リノベーションした賃貸物件に住むメリット

リフォームもリノベーションも中古物件を綺麗にしたものです。住むなら、綺麗で清潔感がありデザインも良い物件を探そうとしますが実際は賃料も高くなかなか決断できない人が多いはずです。そこでオススメなのはリノベーション物件です。リフォームと同じだと思う人もいるでしょうが、まったくの別物です。リノベーションは既存の骨格部分はそのままにし、それ以外を大規模な工事を加えることで全く別の建物に生まれ変わらせるのです。間取りも変わり、デザイン性が高くオシャレなものが多いです。新築よりは安い場合が多いので現代風のおしゃれな物件に住みたいという人にはメリットが高いといるのでしょう。このように少し工夫することでオシャレな物件を見つけることが可能なのです。

現代の取り組みや今後の傾向について

現在の取り組みとして言えることは、リノベーションする物件が賃貸だけでなくマンションにも広がっているということです。誰もが知っている「無印良品」がリノベーション事業に参入したことで古い物件がおしゃれに生まれ変わったのです。高度経済成長期にたくさん建てられた集合住宅(団地)の今の姿は空き部屋が多くなり寂しそうな状態です。この団地を無印良品がリノベーションしたことで、間取りも造りなおし現代風のLDKとなり家具も新しくしおしゃれな空間に生まれ変わったのです。テレビでもこのことが放送され、入居者数が増えてきたのです。住んでいる人に話を聞くと、新築より安い賃料でおしゃれな物件に住めるので気に入っているとのことです。今後は他のメーカーもリノベーション事業にのりだし、賃貸だけでなく中古の戸建にも注目が集まるでしょう。