留守宅管理の二つの方法|家賃について知る

男性

家賃について

戸建て

賃貸住宅を借りる 家賃には相場があります。間取りの広さ、日当たり、駅やバス停から近いか、築年数、などの条件です。安くて都合の良い条件というのはないと考えられますが、その人のこだわりによっては都合の良い条件も出てきます。

もっと読む

家賃の値段

外観

一般的には数万円程度の家賃で賃貸を利用するものです。しかし、物件の立地条件によっては家賃が少し高めになってくる場合もあるのです。快適な賃貸を探すコツを知りましょう。

もっと読む

業者に依頼する

男の人

何かしらの理由で自宅を長期的に留守にしなければならないという人がいるのであれば、留守宅管理を業者に任せることをお勧めします。住宅というのは、1年以上留守にするだけでも劣化が進んでしまうものです。もし、その期間が2年、3年と長く掛かってしまった場合、自宅に帰ってくる頃にはすぐに住める状態ではなくなっていることでしょう。そういった事態を避けるためにも、留守宅管理を業者に任せておく必要があるのです。ただ、一口に留守宅管理といってもその方法は幾つか存在します。一つは、業者に定期的な清掃・メンテナンスを依頼するといった方法です。

留守宅の清掃やメンテナスを行なっている業者は数多く存在し、年間10万円前後で依頼することができます。しかし、中には相場よりも安い価格でサービスを提供している業者も存在します。そういった業者というのは、価格が安いだけあってサービスの質も良くありません。自宅の状態をより良く維持したいと考えているのであれば、価格にこだわらずサービス品質で業者を選びましょう。その他の留守宅管理方法としては、リロケーションが挙げられます。リロケーションというのは、留守中の自宅を必要な期間だけ賃貸するといった管理方法です。入居者を募集し、人が留守期間中だけでも人が住んでいればそれだけで建物の劣化を抑えることができます。また、この方法であれば留守宅管理と同時に収益も得ることができますので、お得な方法がと言えます。ただ、自身の家を他人に貸し出すことになりますので、不安が残ってしまうというのがデメリットでしょう。

キレイな住まい

住宅

引越し情報サイトを見ている人はリフォーム済み賃貸物件やリノベーション済み賃貸物件を目にすることがあるでしょう。実際に中を拝見すると新築のように綺麗であることから最近人気があるのです。

もっと読む